読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タップチ日記

映画、本、スポーツについてずらずらと

原節子、降臨。その5

まだ、文庫本のドストエフスキー著「白痴」を読み終わっていません。まだ、導入部でちんたらしています。やはり、映画とは全然違い、いささかややこしい登場人物の紹介から始まっています。 でも、面白そうなので、もう少し読み続けたら、いつものように、エ…

原節子、降臨。その4

いかんいかん、しばらく間が空いてしまったし、いつの間にか新年でした。それで、白痴を論じるには、原作を未だ読んでいないので、そっちから読んでみてから、改めて映画も見直し、論じることにしよう。

原節子、降臨。その3

「白痴」の原さんは、チャーミングだ。その一言につきるが、以下ずらずらと。

原節子、降臨。その2

原節子さんの映画では、世評が高い小津安二郎監督のものより、黒澤明監督の「わが青春に悔いなし」や「白痴」、また、木下恵介監督の「お嬢さん乾杯」が好きだ。 黒澤監督のものは、日本人にはなかなかいない自己主張をしっかりする、気性の激しい女性像描か…

原節子、降臨。

本当は、原節子様、降臨と書きたいところですね。 今はなき、浅草東宝の黒澤明特集のオールナイトで、「わが青春に悔いなし」を初めて見たときには、驚きました。 素晴らしい女性映画ではないか。 それまで、かすかにお嬢様女優としての、原節子さんを知って…

影武者の山崎努は素敵だ。その4

信廉の登場シーンで一番好きなところは、初めて仲代影武者を信玄の屋敷で、各部屋を案内し近習や小姓に紹介するシーンだ。 在りし日の信玄を思い出し、しばし沈思黙考する時の足の運び、表情が素敵だ。うんうんと頷きながら、仲代影武者を見守っている。 こ…

影武者の山崎努は素敵だ。その3

信玄の影武者を長年務めてきた、山崎努扮する信廉(のぶかど)の笑顔が素晴らしい。 いつも静かに笑っていて、先輩影武者として、粗野で茶目っ気のある仲代影武者へ信玄らしい立ち振る舞いを教え諭す様が、何ともお家の大事のために自分の出来ることを、最大限…

影武者の山崎努は素敵だ。その2

まずは、冒頭のシーン。影武者が、信玄に紹介されるが、仲代達矢が信玄と影武者の二役で、いずれも硬くこなれていない演技だと感じる。 まだ、精神的にもこの映画のチームに入り込んでいないようだ。そこを山崎努が、威厳のある所作とせりふ回しで、この場を…

影武者の山崎努は素敵だ。

影武者における山崎努のあり方については、あまり映画評でも取り上げられた印象はないが、私にとっては、助演男優賞ものの名演だと思う。 主演が勝新太郎から仲代達矢に代わって何かとケチがついた作品であるが、撮影現場でも、このアクシデントによる俳優間…

今日から、始めます。

今日から、「タップチ日記」として書いて行こうと思います。興味のある映画や本の話やスポーツの話題を末永く書き続けていきたいものです。 あまり世の話題にならないようなことも、私自身の視点から掘り下げていきたいですね。 私は、自営業者で、書く時間…